最新情報

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


アマショウが

「アマショウ」が「モノレート」って名前に変わってる!
しかも去年の11月から!

たまに使っていたのに気がつかなかったという…

画像認証画面が出てから、
はじめて気がついたよ。
関連記事
スポンサーサイト


スポンサードリンク


高く売れる雑誌たとえば…新品が定価で販売されているのに!!

実はまだ販売されているのにも関わらず、
AMAZONで新品の出品者がいないために、
中古が高額で取引されている商品はたくさんあります。

検索してみると、新品が定価で買えるのに…ね。


検索リテラシーの低い方は、
高い買い物をするはめになるわけですが、
「売る側」からすれば、「有難いお客様」でもあります。


一例をお見せします。




惣菜デリ最前線2015 (食品商業2014年12月号別冊) (雑誌)




この記事を書いている時点では、この雑誌の
中古が¥ 2,880+ ¥ 257 (関東への配送料)
で販売されています。


この雑誌の定価は¥1500です。

新品を仕入れたとしても、
¥2880で売れるのならば利益が十分でますね。

…ところで、¥1500の雑誌の中古を
¥2880で仕入れる人間が本当にいるの?

そう思うかもしれません。



…それが、いるんですねぇ。



それでは、「アマショウ」というサイトで、
アマゾンでどのくらい売れているのか、
確認してみましょう。

惣菜デリ最前線2015-(食品商業2014年12月号別冊)-(雑誌)

amashowの見方についてはこちらから

さて、丸を付けたところを見てください。

5/14から5/15にかけて、中古出品者数が
1人減っていることと、ランキングが上昇していることから、
この雑誌が売れたということがわかります。

そして売れた後と売れる前で、最安値が
¥2755のまま変化がありませんので、
それ以上の価格で売れたということがわかります。

さらに、下のほうを見ていくと、
ランキングが何度も上昇していることから、
実際に売れているということがわかります。


…ということで、この雑誌は
AMAZONにおいて、実際に
¥2800程度で売れている商品なのです。



…しかしこの雑誌、先ほども書いた通り、
販売元のホームページにおいて、
現在でも定価で販売されているのです。

(この雑誌よりも利益の多い雑誌もたくさん)



このように、実はまだ新品が定価で販売されているにもかかわらず、
AMAZONでは中古が高額で販売されていることも多いのです。

(本当は「新品」であっても、「中古」として販売するのです。
何故なら、新品は定価でしか販売できないので。おかしな話ですが。)

そして、高額で販売されているだけじゃなく、
実際に購入されている商品も多いのです。





それでは、今回のケースでの学びを。



  • 他のサイトで安く販売していたとしてもAMAZONで高額で販売することは可能だ!

  • 定価以上で販売するのならコンディションは「中古」で!

  • ヤフオクでアマゾン販売価格より安めの価格から販売する手も!

  • このような商品を販売している出品者の出品物をチェックせよ!

  • このような商品を販売している出版社の商品をチェックせよ!



特に最後の2つのポイントからは、
大きな学びと気づきを得られるでしょう。





関連記事


スポンサードリンク


何故かテレビ局から取材の申し込みがあった…

何故かテレビ局から
「メール便廃止」に関しての取材申し込みがありました。

なので、丁寧にお断りしました(笑)。




だって、メール便廃止に関して取材されるほどの
意見をもっているわけじゃないんですもの…

以下がお断りのメールの内容です。


--------------------------------ここから


ブログ「絶望からのせどり」管理人のyamaといいます。

クロネコメール便の廃止に関しての取材についてなんですが、
残念ながら私はクロネコメール便について、取材を受けるほど
の意見をもっていません(笑)

ですので、せっかくメールを頂いたのですが、
お断りさせていただきます。


ただ個人的には、メール便は安かったので、
廃止に関して残念に思っています。

ヤマト運輸さんもメール便廃止後の、
新たなるサービスを考えているということですので、
それに対し期待しています。

メール便は2センチまでの厚さであれば、
164円で発送できますから、
私のように書籍を主に発送している人間からすると、
発送料が安くすむので有難いサービスでした。

また、メール便はコンビニからも発送できるので、
便利でもありました。24時間開いているので。

そして、ここだけの話ですが、
(…といっても「せどり」をしている人間には、
常識のようなものですけども)

配達員の方に、発送物を回収しに来てもらうと、
本来は2センチ以内164円の送料のところを、
1センチ82円で扱ったりしてくれたので、
さらに安く利用できたのです。


「2センチ」という厚さに関しては、
本を主に扱う「せどり」の人間としては、
微妙な厚さで、それを超える厚さになってしまうと、

メール便以外の発送法法を取らざるをえず、
送料が高くなってしまうのです。

(現在は、日本郵便さんのクリックポストが3センチまで
164円で送れるサービスを開始していますが。)

ですが、配達員の方に発送物を回収しに来てもらった場合、
多少2センチをオーバーしたとしても、82円で扱って
くれたりしたのです。

なので、メール便は私のような
「せどり」をしている人間には、
実に有難いサービスだったのです。


ですが、もしかすると、
ヤマト運輸さんとしても、

このようなことを無くすためにも、
新たなサービスに移行するっていう
ことなのかもしれません。


表向きの発表は違いますけれども(笑)

------------------------------------ここまで
関連記事


スポンサードリンク


【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。