カテゴリー:雑誌

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


高く売れる雑誌たとえば…新品が定価で販売されているのに!!

実はまだ販売されているのにも関わらず、
AMAZONで新品の出品者がいないために、
中古が高額で取引されている商品はたくさんあります。

検索してみると、新品が定価で買えるのに…ね。


検索リテラシーの低い方は、
高い買い物をするはめになるわけですが、
「売る側」からすれば、「有難いお客様」でもあります。


一例をお見せします。




惣菜デリ最前線2015 (食品商業2014年12月号別冊) (雑誌)




この記事を書いている時点では、この雑誌の
中古が¥ 2,880+ ¥ 257 (関東への配送料)
で販売されています。


この雑誌の定価は¥1500です。

新品を仕入れたとしても、
¥2880で売れるのならば利益が十分でますね。

…ところで、¥1500の雑誌の中古を
¥2880で仕入れる人間が本当にいるの?

そう思うかもしれません。



…それが、いるんですねぇ。



それでは、「アマショウ」というサイトで、
アマゾンでどのくらい売れているのか、
確認してみましょう。

惣菜デリ最前線2015-(食品商業2014年12月号別冊)-(雑誌)

amashowの見方についてはこちらから

さて、丸を付けたところを見てください。

5/14から5/15にかけて、中古出品者数が
1人減っていることと、ランキングが上昇していることから、
この雑誌が売れたということがわかります。

そして売れた後と売れる前で、最安値が
¥2755のまま変化がありませんので、
それ以上の価格で売れたということがわかります。

さらに、下のほうを見ていくと、
ランキングが何度も上昇していることから、
実際に売れているということがわかります。


…ということで、この雑誌は
AMAZONにおいて、実際に
¥2800程度で売れている商品なのです。



…しかしこの雑誌、先ほども書いた通り、
販売元のホームページにおいて、
現在でも定価で販売されているのです。

(この雑誌よりも利益の多い雑誌もたくさん)



このように、実はまだ新品が定価で販売されているにもかかわらず、
AMAZONでは中古が高額で販売されていることも多いのです。

(本当は「新品」であっても、「中古」として販売するのです。
何故なら、新品は定価でしか販売できないので。おかしな話ですが。)

そして、高額で販売されているだけじゃなく、
実際に購入されている商品も多いのです。





それでは、今回のケースでの学びを。



  • 他のサイトで安く販売していたとしてもAMAZONで高額で販売することは可能だ!

  • 定価以上で販売するのならコンディションは「中古」で!

  • ヤフオクでアマゾン販売価格より安めの価格から販売する手も!

  • このような商品を販売している出品者の出品物をチェックせよ!

  • このような商品を販売している出版社の商品をチェックせよ!



特に最後の2つのポイントからは、
大きな学びと気づきを得られるでしょう。





スポンサーサイト


スポンサードリンク


雑誌せどりの電脳リサーチ方法の例…

売れたもの

¥105→¥890(送料込み¥1140

カメラ・写真系の雑誌は、地味に稼げるものが多いと思います。

値付けが安い時は調べてみてください。

雑誌せどりで副収入を得る

雑誌せどり



通常「せどり」というと、「ツール」があるとはいえ、ある程度の「目利き」も必要です。

また、昨今では「ビーム禁止」あるいは「携帯検索禁止」という店舗もでてきているそうですから、

ますます「目利き」が必要な状況になっていく可能性もありますね。

雑誌せどりでは「目利き」がなくとも、ある程度通用しますから

そういった点で、初心者にも向いているともいえます。。

雑誌せどりで副収入を得る


雑誌はプレミア価格がつきやすいこともあり、利益を作りやすいジャンルです。

何故なら、週刊誌や月刊誌といった雑誌は再出版されることは無いため、需要のある雑誌であれば、

高くても欲しいという人もいるわけですから、プレミア価格となりやすいわけです。

雑誌せどりは「中古」はもちろん、プレミア価格を狙えるものに関しては「新品」を仕入れてもそこから利益を出すことができます。

雑誌の場合、付録であったり応募券であったり付属するものがプレミア化する要因だったりしますが

「新品」であればその有無に関して確認せずともいいわけですし、コンディションもいいですので

プレミア化した場合にも十分競争力を持ちます。


また「新品せどり」は仕入れが楽です。

ネットショップや最寄の書店やコンビニ等でも手に入れることができるわけですから。

また「後だしじゃんけん」のようなもので、儲けると確定してからの仕入れとなりますので、

有利なわけですが、仕入れることができなければ意味がありません。

中古の場合探すのも大変ですが、新品雑誌は探すのも楽で、高い確率で仕入れることができます。

特に、近隣に大型書店があるような条件の方にはお勧めできますが、

副業として取り組んでいるような、時間があまりない方にも向いているせどり方法だと思います。


雑誌せどりで副収入を得る

ツールを使わずとも、「電脳せどり」はできます。

要は「安く仕入れて高く売る」ことができればいいのですから、

リサーチや仕入れる方法にきまりはありません

例えばアマゾンのホームページから、探すこともできます。


アマゾンのトップページ上のカテゴリーから「本・コミック・雑誌」を選びます。

さらに、「」でも「コミック」でも何でもいいので、選択します。

雑誌を電脳せどりでリサーチする


次の画面の上にある「アマゾンランキング」をクリックします。



新品雑誌を電脳せどりでリサーチする



すると下の画面になりますが、これは「本」の中での売れている順に商品が表示されています。

さらに左側のカテゴリーから「雑誌」を選択します。



雑誌を電脳せどりでリサーチする



すると、「雑誌」の中での売れている順に商品が表示されます。

当たり前ですが、売れているものを仕入れたほうが、すぐ売れるわけですね。

しかし、この画面ですと、人気はあるのですが「予約受付中」のものであったり、

発売されたばかりで中古出品がなかったりするわけです。

ですから、ランキングの非常に高い商品にあっては、実際のところネットでの中古の仕入れ(電脳仕入れ)は難しいですが、

「新品」であれば最寄の書店から入手することは可能でしょう

「新品」であれば「定価」で購入することになりますから、「新品せどり」の狙いといえば、ただひとつ。

「プレミア価格のついた商品」を仕入れて売るということです。

これは、タイミングが命です。

高く売れるタイミングで出品して売り抜くことができなければ相場が崩れて損をしてしまうことさえあります。

しかし相場が崩れやすいものは、「普通」の雑誌です。

雑誌だからといって何でもかんでも、新品が無くなったら「プレミア価格」がつくわけではありません。

もちろん、プレミア価格がつく可能性は全ての商品にありますが、仮にそういった相場の流れになったとしても、

実際に売れるかという話は別ですし、仮に売れたとしても瞬間的なものに終わることが多いです。

そういったものを「定価」で仕入れて売るのは、ギャンブル的な要素が大きく

非常に難しいので私はお勧めしません。

また、「普通」の雑誌を高く売ること自体に抵抗もあります。

プレミア価格のつく商品としては、付録であったり応募はがきのように付属するものが「特別」なものや、

「専門的」な「マニアック」な内容を取り扱った内容のものであったり、

とにかく何か「特別」な要素があれば、例え相場が崩れたとしても一時的なものになるでしょう。

また、そういった雑誌は大体同じですし、傾向も似ていますのでバックナンバーを調べることによりある程度の予測をつけることができます。

そうしたリサーチを続け、実際に売っている間に感覚をつかむことができます。


雑誌せどりは

どんな雑誌が売れやすいのか予測しやすいこと

新品の雑誌せどりは

仕入れ先がたくさんあるので、楽であること


が利点だと思います。


アマゾンランキングの上位で新品在庫を切らしていて、尚且つプレミア価格のついている商品を見つけることができたなら、

あとはそれを仕入れて売るだけです。



せどりで一攫千金

他にも、例えば…

  1. アマゾンのトップ画面上の「カテゴリーより探す」の「本・コミック・雑誌」を選択

  2. さらに「雑誌」を選択

  3. すると「検索バー」のプルタブに「雑誌」カテゴリーが選択されている状態になります。
    (アマゾンのトップ画面からは、検索バーのプルタブに「雑誌」は表示されません)

  4. そこで「検索バー」に何も入力せずに「検索」ボタンを押します

  5. すると、次のような画面になります。




アマゾンでのリサーチ方法例




さらにこの画面の左側から「カテゴリー」や「条件」を絞ることもできますし、

右上のプルタブから、表示される並び方の条件を絞ることもできます


例えば、右上のプルタブから「価格の高い順」に並べ替えると、

当然出品価格の高い順に表示されるわけですから、

仕入れることができれば、利幅のとれる商品を探しやすくなります。

そのほかにも画面の左側から、「中古」をクリックしますと、

「予約中」の商品や出版されたばかりで、まだ中古出品のない商品等を省いた

商品が表示されるので、実際に仕入れて売ることのできる商品のみを表示することができます。

このように、「ジャンル」や「カテゴリー」、「メディア」を絞ったり、

条件を変えて並べ替えることにより、

様々な目的に合わせて検索はできるわけです。色々工夫してみてください。




アマゾンでの電脳せどりのリサーチ方法



しかし、この結果を見ると、あきれてしまうくらいの価格がつけられていますね…w

雑誌1冊で、6千万以上とかw…家が建ちます…ありえません。

よし、私もこの手でいこう!

まかり間違って、アラブの大富豪が買ってくださるかもしれませんからね。

その場合私は、自分で直接リムジンに乗って送り届けます。

撃ち殺されるかもしれませんが…

せどりで一攫千金


スポンサードリンク


せどりに「目利き」は必要か?雑誌せどりとは?

雑誌をやりたいのなら「ビームサーチ」をお勧めします


新品での仕入れでも利益をだすこともできる「雑誌せどり」

週刊誌や月刊誌などは再販がないということで、

プレミア価格がついたりすることも多く

それを狙って「新品雑誌」せどりなど

やる方もいらっしゃいますね。

「新品」を購入しての出品ですので

どうしても「定価」より高く出さざるを得ない…

難しそうですね…

しかし、「新品せどり」のいいところは

「検品」がいらないので、出品が楽だということと、

「数」を仕入れられるというところがメリットでしょうね。

儲けることのできる「商品」を見つければ、

「たくさん」仕入れればいいわけですから。


古本屋での仕入だと、

店に行かないと「もの」があるかもわからないですし、

「コンディション」もそれぞれですから。

新品だと「コンディション」の面での「苦情」もほぼ無いでしょうからね。

古本屋でちまちま「雑誌」をサーチするよりは

そっちの方が楽しそうではあります。

でも…初心者にはお勧めしませんよ…

「仕入単価」が高いですからね。

リスクがあります。

「仕入単価」の低いものを売っていって

ある程度慣れてから、「仕入単価」をあげていくことを

おすすめします。

副業せどりで確実な副収入を得るために雑誌せどりのやり方

雑誌って面倒くさいじゃないですか。

調べるの。


細いし、柔らかいし、棚に戻しにくい、取り出しにくいと。

だから敬遠している方も多いと思うんですよね。

そういうことで多少ライバルは少ないかな…とは思いますが、

私は、「雑誌せどり」は初心者にはむいていないかな…と思います。

「雑誌」のせどりは「目利き」がないと時間がかかりますしね。

雑誌せどりやるなら「ビームサーチ」をお勧めしますよ

雑誌やるんだったら「ビームサーチ」をお勧めします。


手入力で膨大な時間をかけて

懸命に調べ終わったあとに、

枯れている棚だったりすると…

それこそ、絶望しますからね

///orz///ズゥゥゥゥン

「目利き」がなくて、「手入力」での雑誌のサーチは

慣れるまでの間は、時間のある時に後回しした方がいいと思います。

もちろん「目利き」に自信があるのなら、

「これ」と「これ」と…てな感じで、

「値段」つきそうなものだけをサーチする分には問題ありませんが、

「目利き」もないのに、手当たり次第で「サーチ」するのは

時間の割に合わない方法だと思います


ですから、

初心者のうちは「雑誌せどり」は「ビームサーチ」を使用できる環境でなければ、

積極的に狙っていかなくてもいいかなと思います


「ビームサーチ」ですと両手が使えますので、非常に楽にサーチできるようになります。

サーチにかかる時間が全然違いますから。

「目利き」がなくとも、サーチすれば何とかなりますw

とにかく片っ端から(初めのうちは…)

調べ上げてください。

簡単に利益上がるものは、見つからないですよ。

でも、根気よくサーチしてください。

ただし、「新品雑誌せどり」に関していえば、パソコンでの日ごろのリサーチがものをいうと思います。

雑誌せどりとは

家では「Amazon」などで、

雑誌の売れ線などをちょこっと確認する癖をつけておくといいですよ。

雑誌を毎回全数検査する必要はないですからね。

ネットでの「売れ筋調査」「高額商品」調査などを

ちょこっとの時間でいいので毎日する。

…といったことを

繰り返しているうちに自然と「わかってきます」

これは、「雑誌」に限る話ではありませんが

しばらくの間は、時間と「儲け」が合わないことも多いかもしれません。

ですが、ここは「勉強」だと考えて踏ん張って欲しいと思います。

毎日の積み重ねが、「勘」「目利き」という大きな「力」となって

返ってくることを信じて…

一見遠回りのようですが、地道な努力が

実は一番の近道になるのだと思います。

新品雑誌のセールは狙い目

たまに、新品の雑誌がセールで売られていたりすることもありますが、そんな時は狙い目です。

これは「雑誌」に限らず、どのメディアでもいえることですが、

「新品」を買いたい。さらに少しでも安いのなら買いたい…という購入者はいますからね。

たまったポイントを使うことによって割り引いた値段で購入することができるなら、それを利用するのも手ですね。

売れる雑誌やプレミア価格になりやすい雑誌というのは、だいたい決まっていますので

日ごろからリサーチしておくといいでしょう。

やはり、雑誌でもマニアックなものほど、高額で取引されることが多くなります。

あと、「付録」つきの雑誌も狙い目です。

中古の場合ですと、ほとんどこの「付録」がかけていることが多いですが、

新品だとその心配もありませんし、その付録の有る無しで価格もだいぶ違ってきます。




せどり「目利き」の力に関して

基本的に「定価」の高いものが

中古でも高く売れる可能性は高いというのは聞かなくてもわかりますね。

それが普通ですね。

ですから、「定価」の高いもの、

高そうなものから

探っていく…


ということが

時間を有効に使うには必要になってくると思います。

ここからは「目利き」

などが絡んできますが、

日頃の「せどり」の作業の中で、経験を積んでいくということでしか

結局「目利き力」というのは養うことはできません。


時間はかかりますが

初めのうちは全数検査するつもりで

頑張ってみてください


主にせどりで稼ぐのを考えている方向けです

それ以外の人には時間がもったいないので、無視してください


中には、売れるジャンルやメディアなどは「これ」だからここだけサーチすればよい…

的なノウハウも存在しますが、

どんなジャンルやメディア、タイトルでも売れるものっていうのはあるわけで

わざわざ「せどりの幅」を狭くしてしまうのはもったいないと思います。

特に初心者の内は、無駄に思えるかもしれませんが「時間」をかけて実際に

サーチしまくる…ことをした方がいいと思います。

(なかなか仕入れられるものが見つからないと、気が滅入りますが)

その内、自然と調べなくてもいいものがわかってきますので、それだけで時短になりますね。

しばらくそうやってサーチしまくっているうちに、

棚に並んでいる本を覚えてしまいますから、新しく補充された本だけ見つけるといったことが

出来るようになります。(人間の脳は偉大だ)そうすると、さらに時短になります。

そして、実際に売買を繰り返しているうちに、売れた本を自然と覚えてしまいますので

その本が棚に並んでいれば、すぐに取り出すことが出来るようになります。

アマゾンのランキングを眺めるだとか、回転本リスト(私はY&Sさんのリストをお勧めします)を確認する、

その関連本をリサーチしてみる…などというようなことを暇な時にでもやっておくだけでもやってみてください。

実店舗での仕入時のサーチと、日々のリサーチ等を繰り返すことで「目利き」の力が飛躍的につくことでしょう。

その内、自然と

「タイトル」と表紙を見ただけで

「抜けそう」なものがわかってくるようになりますから不思議です。

棚から本を取り出す際の、手に触れた感じでわかるという!!!

超オカルトな感覚もたまにあります!!


(その時私はきっと「せどり神」とともにいます。)

雑誌せどりに限った話ではありませんが…

続けていればきっと、誰にでも

サーチするよりも断然早い「勘」や「目利き」…

といったものが養われていく
のだと思います。

今日明日に身につくものではありませんが、続けていれば

経験値は必ずあなたを成長させてくれますから。

大丈夫です



値付けに関してもそうです。

ただ売れたから「ありがとう」で終わるのではなく。

なぜ、この値段で、この状況で売れたのだろうとか

色々考えることを続けることによって

周りに左右されずに

例えば、データー的にはこうだけど、これくらいで売れるだろうというような

究極的には

データーさえ無視の値付けが出来るように
なるのだろうと思います。



「ツール」を使うというのは

私は「せどり」の勉強にもなると思うんです。


ああ、なるほど、このような考え方のもとに

こういう「ツール」をつくったんだな。

とか、

こういう風にデーターを見たり、予測したりすれば

うまくいくんだな

というところを

「考えながら」利用していく



ただ便利だからと、ボーっと何の考えもなしに

ツールまかせの「せどり」ばかりをしていたら

その「ツール」や「データー」がなければ

何にも出来なくなってしまう


結構あるんですよ。「アマゾンの仕様変更」等でツールが使えなくなるということが…

そんな時でも対応ができるようになっておきたいものです。

ましてや「ビームサーチ」なんか

あっという間に「サーチ」できちゃうので

そういうことを気にしながら、考えながら

調べていないと、「本のタイトル」さえ見なくたってできる作業ですので

毎日同じ¥1本をサーチするという無駄ばかりしているということになりかねません


(ただ価格の変動が激しい商品、あるいはなんだか気になる商品に関しては、

私は何度もサーチしたりします。)

時間の無駄を省く。そこに回せる労力を他で活かす。

同じ作業をしながらでも、常に意識をもってやっているのとやっていないのとでは

全く成長の度合いが変わってくると思います



せどりに目利きは必要か?

せどりに「目利き」は必要か?

と言われれば…

お小遣い程度に稼ぎたいのであれば、ツールを利用すれば無くてもいけます。

しかし、あると絶対に有利です。


…と答えます。

しかし、これは結局やらなければ身につかないところでもあります。

要は経験も必要だよ…ということですね。


副業せどりで確実な副収入を得るために





スポンサードリンク


【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。