スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


せどり:面倒くさいが結局は「全数検査」からはじめたほうがいいと思う件

人間誰しも「楽」なほうを選んでしまうけれど…


CDせどりでの成功例

CHOCOLATE NOTES

¥105→¥1467(送料込み¥1807)

私のものが売れる1週間ほど前に、他の出品者さんのものが¥353(送料込み¥693)で売れています。

その時点では私の出品価格は「せどりキング」で「下限価格」と設定していた¥600(送料込み¥940)でした。

せどりキング2番目の価格にあわせて価格改定を行うという設定にしていましたので、

1番安の商品が売れた時点で、私のものを含めた2番安の価格が¥1808でしたから、

それよりも\1安い¥1807に価格改定されたわけです。

そんな絶好のタイミングで売れたというのは、かなり運が良かったわけですがw

しかし、もし自動価格改定されていなければ¥600(送料込み¥940)で購入されていたことでしょうから、2倍以上の高値で売れたということです。

平均最安値を見ても¥500くらいですから。なかなか高く売れたんじゃないでしょうか。

まあ、いちいち一喜一憂してもしょうがないんですけどね。

自動価格改定ソフトは、ただ単に価格を下げるだけでなく、今回のように「利益」を最大限にできるような価格改定もしてくれますので、

売れやすくなるだけではなく、利益の確保にもつながるわけです。

出品数が多くなってきて、価格改定が面倒だな…という方は「自動価格改定ツール」の利用を検討してもいいのではないでしょうか。

値段もピンからキリまでありますし、買取価格のものから、月額使用料制のツールまでいろいろあります。

少し試しに使ってみたい…というのであれば、期間限定で無料で利用できるツールもいくつかあります。

無料ではありませんが、私のお勧めの「Y&S softwareさんのGAGA」なんかいかがでしょうか?

「GAGA」でしたら、月額制ですがわずか¥380で、他の様々なツールが利用でき、

さらには優秀な「せどり仕入れリスト」も毎日閲覧できるという、

かなりコストパフォーマンスの高い「会員制」のクラブです。

¥380ですから、「自動価格改定ソフト」とはどんなものなのか試してみたい…という方にもお勧めできます。

また、「月額制」には珍しく「自動契約延長タイプ」ではありませんので、解約が面倒くさいということもありませんw



「せどり」で一番大切なのは「仕入れ」です。

「仕入れ」でほぼ勝負が決まります。

しかしこの「仕入れ」こそが一番「初心者」の方が難しい部分だと思います。


何を仕入れればよいのか。

「せどり」をなんとなく理解しても、

実際にブックオフに来てみると、膨大な商品の前で何をどう調べればよいのか呆然としてしまう。

とりあえず、(恥ずかしいので、全数検査はせず)気になる本を手に取り、調べていくのだけれど

どれもこれも\1本ばかり。人目は気になるし、商品は見つからない。

本当に利益の出るものなんてあるのだろうかと不安になり、疲れだけがたまるばかり。

意気揚々と興奮気味にかごを手にしたものの、結局ひとつも仕入れられずに落胆して店を出る…

という初心者の方も多いかもしれません。

私もはじめのうちは恥ずかしかった。

しかし、本気で「せどり」をしたいんであれば、

「人目が気になる…」なんてことはいってられないんです。

まずはそこから慣れていくしかありません。

「人目が気になる」

最初のうちは商品を見つけられないなんてことは「当たり前」だと割り切り、

「全数検査」してみることを勧めます。そうすると、少なくとも仕入れが0ということはないと思います。

もちろん、仕入れるものが無い時もあるんです。

しかし、ある時はある。

これは本当です。

だから簡単にあきらめず、商品が無かったのは「たまたま」なのか、仕入れに行った「時間」が悪かったのか、

大量に仕入れるせどらーがいる店なのか…なども観察しつつ、探してみてください。

続けていれば、そのうち毎回「全数検査」しなくともよくなりますから。

逆に、はじめから「全数検査」せずに勘を頼りにサーチする方法は、

あなたの「固定観念」などにより、調べるものを少なくしてしまう可能性のほうが高いと思います。

「こんな本が高くで売れるんだ!!」

「この本、こんなにランキング高いんだ!!」

なんてことはざらにあります。

まずは「全数検査」であなたの「固定観念」をぶち壊してしまいましょう。

はじめは全数検査

「全数検査」なんぞしなくとも「初心者」でも「楽」に仕入れることのできる秘密の「ノウハウ」…

なんてものは存在しません。

たくさん調べまくる…量をこなすことが、結局はあなたの仕入れが上手になる唯一の「近道」だと思います。

嫌でも、自然と調べなくてもよいものがわかってきますから。

また、成功者(でなくても)は自分のやっていることが絶対に正しいのだと考えがちですから、

「ビーマー(ビームサーチをする人たち)」対「ぴこらー(ガラケーで調べる方たち)」

「本を主に仕入れる方たち」対「CDやDVDといったメディアを中心に仕入れる方たち」

「新品せどり」対「中古せどり」

などのように、互いに批判しあったりするのを2ch等でよくみかけますが、

どーでもいいですよね。互いのいいところを取り入れればいいだけです。



悲しい現実ですが、「せどり」の世界でもやはり「資金力」があるほうが強いわけです。

また「資金力」があれば「仕入れ」も楽なんです。

「薄利」でもいいからとにかく、数を仕入れて「多売」すればいいわけですから。

(私のように)「資金力」に乏しいと、「仕入れ」は難しくなります。

「回転率」や「利益額」のことも考えなければ、資金がショートしてしまいますし、

勝負どころでも、弱気になりがちです。

また「資金力」があるかたは、売れるまで時間がかかってもいいわけですから。

高く売れるものをわざわざ「安売り」するようなことをしなくてもいいという点で、

有利であることは間違いありません。

副業せどりで確実な副収入を得るために…煽りに騙されてはいけない


せどりは儲かる?

「せどり」をはじめて2ヶ月で月商100万達成!みたいなことを書いているブログなどを見ることもありますが、

その期間でそれだけの売利上げをあげるためには、

それだけの初期投資ができたということでもあります。

またそれだけの商品を保管する場所があったということです。


そしてまた勘違いしてはいけないのが、月商と月収は違うということです。(当たり前ですが)

ですから、もしかすると穿った見方をするなら「情報商材」を売りたいが為に月商を作る。

つまり月商は100万だけれども、月収は(利益は)10万くらいしかない…

なんてことや、それどころかマイナスになっている…なんてこともあるかもしれないのです。

また、そういう方たちは、1度数字を作ったら「せどり」を辞めてしまうことも多いです。

どうしてでしょうか?

おっしゃるとおりに儲かるのであれば、「せどり」を辞めなくてもいいはずです。

(あるいは、「せどり」は続けているが、規模を縮小し晒すほどの利益を上げているわけではないとか)

そもそも「ノウハウ」を他人に教える…なんてことはわざわざ自分の利益を減らすことにつながりますので、

「情報」が世間に流れる時点でその「情報」はもうすでにオワコンである…ということは多いものです。

「せどり」のノウハウはもう「無料」でほとんど知ることができ、

基本的なせどりに関しての「秘密」はないといってもいいでしょう。

時たま、亜種が発生することはありますが、それが「高額」であれば購入を避けたほうが良いでしょう。

高額であるほど、胡散臭いですからね。

あとは、

過剰な期待はせず、地味な作業をやるのみです。

アフィリエイトもそうですが、「非常に儲けている」のはごく一部であるということを知ってください。

私は断然「副業」としての「せどり」をお勧めします。

私のように、何らかの事情がなければなかなか続けることも難しかったりしますw

副業せどり過剰な期待


関連記事


スポンサードリンク


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 仕入れるべきか否か

始めまして。もーりんさん。

個人的には、相談の品、
仕入れてもいいと思いますよ。

しかし、売れ筋というわけではないですし、
新品と中古との価格差が大きいわけではないので、
売れるまでに時間がかかるかもしれません。

ただ、この手の本は、必ず高く売れます。

ですので、これ以下では売らないよ…

という金額を決めて、販売していれば、
損をすることは、まずありません。

売れるまでは時間がかかるかもしれませんが、
かならず利益は取れます。

(しかも、状態がいいのならばなおさらです!)


私は、安いものを仕入れる専門ですから、
なかなか¥4000以上もするものを仕入れたりしないのですが、

今回の品を仕入れた方がいいのかやめた方がいいのかと
聞かれたならば、仕入れて問題はないと思います。

もちろん、資金面に問題がないのならばです。


ただ、私は、安いものを仕入れて、
高く売るというスタンスなので、
他人ごとになるのですが、


アマショウなどを見る限り、
その本は仕入れても問題はないと思いますよ。

資金面で問題がないのならば(笑)



資金面に余裕があるのならば、
「せどり」って、結構簡単です。

値崩れが怖いってことですが、
自分がどのくらいの価値があるのか


見極めたなら、瞬間的な値崩れなんかに
惑わされずに、あなたの考えた
価格で売ればいいのです。


本当に価値がある本なのならば、
ネットで瞬間的に値崩れしたとしても、
いずれ価格は戻ります。

アマショウなどの情報は、あくまで、
過去の情報です。

本当に価値のある本だと思えば、
自信をもって、その価格以上で販売してください。

値崩れを気にするべきなのは、
資金面に不安がある場合です。


あなたが、せどりで生活したいのならば、
利益が小さくとも、仕入れなければならないことも
多々あるでしょう。


しかし、例えば副業としてせどりをしているのならば、
高利益のものに絞ったほうがいいでしょう。


私の場合は、最近仕事が忙しくて、仕入れにいくのも
ままならない状況になっているので、
よっぽど利益がでないものでなければ仕入れないようにしています。

ただ、私も資金面に関しては現在困っているわけではないので、
すぐ売れるかどうかよりも、その本の価値を
自分自身で判断して仕入れるようにしています。

売れるまで、時間がかかるにしても、
価値がある本を仕入れるようにしています。




> 初めまして。興味深く記事を読ませていただいています。
> 新人せどらーのもーりんと申します。
>
> 図説 日本のゲンゴロウという本が某ブックオフにて4000円で販売していました。見立てでは「非常に良い」クラスだと思います。
> これって仕入れるべきなんですかね・・。
>
> まだ商品数は30点そこそこで、資金面に困っているわけではないのですが、高額商品が売れないことは怖いことですし、値崩れも怖いですしね・・。

Re: Re: 仕入れるべきか否か

あ、でも正直、¥1000くらいだったら買うかも。

No title

お返事、ありがとうございます。
やはり高いですよねぇ・・。
今持っている在庫がはけてきたら考えてみます。
他のせどらー達に持って行かれる可能性は低いと思っていますので・・。

最近気づいたのですが、中古価格+送料が新品価格を上回っていても普通に売れるんですよね。その新品がamazonが直接販売していたとしても、です。送料を考慮していない人が多いんですかね。

Re: No title

(笑)いますいます。

あと、1円しか安くないのに、
わざわざコンディションの悪い
商品を買う人とかもいますよね(笑)


ただ、個人的には、

プレミア化する要素のないものに関しては、
新品の商品がある間には、
定価を超えないように価格改定させてます。



商品が届いてから、高い買い物をしたことに
気がつく人もいますから。

中には、あとから、
ものすごく怒る人もいるんですよね。


ですから、私は2年くらい前から商品ページで
定価の表示されていない商品に関しては、
コンディション説明欄に定価も書くようにしています。

(たぶん他の出品者には嫌われるかもしれないけど)

定価を超えることがあるかもしれないけれど、
それでもいいのなら購入してください的な感じで。


あ、そうそう。

今、出品価格が高すぎると、
アマゾンのほうで出品停止にしたりしているらしいですね。

この「高すぎる」とというのが、
どんな基準なのかはわかりませんが、

あくまで常識の範囲でってことなんでしょうか。


でも、この「常識」も慣れてしまうと、
常識から外れていくんですよね(笑)

どんどん高く売ろうとしちゃうっていう…
あぶないあぶない…



> 最近気づいたのですが、中古価格+送料が新品価格を上回っていても普通に売れるんですよね。その新品がamazonが直接販売していたとしても、です。送料を考慮していない人が多いんですかね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

秘密

トラックバック

【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。