スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


時代は「ウェアラブル端末」せどり

今ポストスマートフォンとして注目を集めているのが、【ウェアラブル端末】だ。



ウェアラブル・エレクトロニクス、ウェアラブル・コンピューティングとは、身体に装着して使用するコンピュータのこと。



メガネ型だけでなく、腕時計型、ペンダント型、ネックレス型などがある。

スマートフォン市場が飽和状態になりつつある今、最も成長が期待されている市場のひとつである。







アップル社も腕時計型の【ウェアラブル端末】新製品を開発中だ。



7月に世界各国で商標登録が行われたことが発覚し、近々発売するとの噂が上がっているAppleの「iWatch」。



すでにネット上では早くも様々なデザインのイメージ画像が出回っている。





7f23daf4.jpg

bc01d471.jpg








ITベンチャーの【ログバー】は、ジェスチャーのみでデバイスコントロールが可能になる「Ring」を発表。



その名のとおり、指輪型の【ウェアラブル端末】である。





3c6e586c.jpg







日常において、あらゆるものを指一本のジェスチャーで完結できるという。



指に装着することで、セキュリティーやヘルスケアなどといった分野での活用など、様々な機能に期待できる。






20de73b0.jpg







去年2月より米国で試用機が販売されている米グーグルの『グーグルグラス』は、その名の通りメガネ型端末だ。



メガネの右上に映し出される画面にネット情報が次々と表れるというもの。







49441f33.jpg
写真:ギャラクシー・ギア





他にも、ソニーの【スマートウォッチ2】や韓国サムスンの【ギャラクシー・ギア】、



日本のベンチャー企業が開発した頭に装着するタイプの【Telepathy One(テレパシー・ワン)】など、続々と日本での発売も控えている。



ソニーは他にも手首に巻いて使うリストバンド型端末「スマートバンド」も公開している。





6cc054c8.jpg写真:スマートバンド





2f27bff8.jpg写真:Telepathy One







スイス連邦工科大学のジョバンニ・サルバトーレ氏率いる研究チームが、



人間の髪の毛に巻きつける事もでき、さらにコンタクトレンズの上に取り付けることもできる超薄型の電子チップの製造方法を開発したと発表。

また米Googleは現地16日、同社のオフィシャルブログ上で、【スマートコンタクトレンズ】を開発していることを明らかにした。


c457c7d6.jpg



ただしGoogle Glassのように一般的に使われるものではなく、糖尿病患者に役立つ医療用デバイスになるようだ。

具体的な仕組みまでは触れられていないが、小型のチップやセンサーを搭載し、毛髪よりも薄いアンテナを搭載しているようだ

目から出る涙を通じて、血糖値を測定し、現行よりも容易な血糖値の測定を可能にするという。

眼球そのものに情報を映し出せるようなSF的端末が近い将来実現するかもしれない。



コンサルティング会社のアクセンチュアは、ウェアラブル市場は昨年、世界で1000億円以上の売り上げを記録。

それが今後5年間で8000億円にまで伸びる可能性があると発表した。



しかし【ウェアラブル端末】になんの懸念もないわけでもない。

価格やバッテリー駆動時間など多くの懸念要因が立ちはだかっているためだ。



一過性のブームで終わらない為には、使いやすさやアプリはもとより、



バッテリ寿命の長期化と、そのための低消費電力化が求められている。

目新しさは確かにあるが、それが「普及」につながるのかはまだ未知数だ。



ブックオフでのバーコードスキャナーの利用が禁止される店舗が増える中、

下の写真のように¥100ショップなどで販売されている

マジックテープを利用してスマホと一体化させ利用している人もいるw

(実は私も以前やったことがある)


ff40bf24.jpg



目立ちにくくするとともに、慣れれば片手で操作できるため便利でもある。

もちろん、禁止されているところでは大げさにやるとばれるわけだが

誰が思いついたのか苦肉の策である。

また、余計に目立ちそうだがこういうのも売っている。


f1c8abf6.jpg



ある意味【ウェアラブル端末】っぽいとも言えなくもないwww



グーグルグラスのデザインがもう少し普通のメガネっぽいものがあれば、

人目も気にならないだろうが、それだと盗撮の恐れがあるから許可されないかな。

そのうち、【ウェアラブル端末】に対応した目の動きだけで操作できる

「バーコードリーダー」的な専用アプリが出てくるかもしれないよw

ただ、そのころにはメディアの電子化がさらに進み

「せどり」自体が、既にオワコンと言われている

今よりもさらに厳しい状況になっているかもしれないが…。



しかしいろいろな可能性を想像すると、SFチックだが面白いことができそうでワクワクする。
関連記事
ジャンル : 就職・お仕事


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。