スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


ある無料レポートを読んで…「お前、それやっていないよね。」

みなさん、売れてますか?

私は全然だめです。

売れないし、売れても安いものばっかり…

まあ、最近ろくに仕入にも行っていないというのもあるんですが。



\105→¥987(送料込¥1237)

これは仕入れてから3か月くらいで売れました。

rapture_20140218223014.jpg


仕入れた頃は、最安値が\100台で、ランキングも70万位台でした。


なのに、何故仕入れたのかというと…




この本には、CD-ROMが付属しています。


その時の最安値の方は、CD-ROMが付属していないものを出品していました…


こういう商品っておいしいんです。


CD-ROMがついているものを買う人が多いんです。

最安値とは値段はかけ離れていますよ。

高くても付属しているものを買うんですね。


数字だけで仕入判断をしていたとしたら、

こういった商品は見逃してしまいます。



だって、常に最安値が安いんですから

本当は利益の出る価格で取引されていたとしてもです。



CDやDVDがついている本が全部そういうわけではありませんが、

その可能性は高いですから、一度最安値だけでなく、

出品者情報を確認してみてください。


特に出品者数が少ない場合は、

商品のコンディション説明欄で「差別化」できれば

高い値段でも売れやすくなります。


出品者数が多い場合は、情報に埋もれちゃいますけどね。


そんな場合は…


コレクター商品として出品して目立たせたり、

商品写真をアップしてコンディション欄で目立たせる


などの小技もあります。




でも、出品者数が多いものは回転本でもない限り

仕入対象としなくてもいいかなとは思いますが…



ちなみに、わたしはCD-ROMやDVD付の書籍の場合

本棚から半分出したところで、少し曲げ

その感触で中身が入っているか入っていないか確かめています。

無い場合は、仕入れていません。





\105→¥700(送料込¥950)



これも私が仕入れた頃は、相場が安かった。

まあそう高く売れているわけではないけれど、

この程度の利益のものならば、まだ仕入れられる。

送料も安くしてもらっているので、だいたい¥600くらいの利益にはなる。


この手のマニアックなものは、売れるまで時間はかかるけれど

ある程度の価格で売れるものを仕入れることは、難しいことではない。


もしも、自分が得意でないジャンル出会った場合、

アマゾンにレビューが有ったら、それを参考にしてもいいだろう。

勘所が無くとも、ある程度売れるかどうか判断できる。


この本も、タイミングによっては2倍、3倍の価格でも売れるだろうと思う。


今回は、私の設定していた下限値で売れてしまったが。


副業~絶望からのせどり



無料レポートを読んでいると、

どうしても売り上げが派手なものに目がいってしまう。


しかし中身がしょぼいものだと、おいおいおい、

こんなことでは、そこまで売り上げあがらんぞ。

…と、メールでつっこみたくなるものもある。


少し笑ってしまったものに…

FCのブックオフのセールで

単Cから綺麗な本を仕入れる。

その際、1デイクーポンも利用すると7割引きで購入できる…
(ちなみに私の地域のFCは、セールもやらなければ、セール時のクーポン併用もできない)


それを、今度は直営のブックオフで販売する。

ブックオフは買い取りは本の状態で価格を決定するので、

その利ざやを得るのだと…



わかる。やったことあるw

しかも、ブックオフオンラインで仕入れたものを

ブックオフで売ったこともある。

たしか、以前にブログにも書いた。


超、せこいんだけど、

プラスにはなる。


同じことを考える人がいるもので、

2ちゃんねるで、ずっとこの方法を書き込んでいる奴がいた。


あのね、毎日毎日できるもんじゃないのよと。

たぶんそれ書いていた人は、

頭の中だけですごい儲かってしまっているのだろうけれど、

実際にやった人間からすると、

お前、それやってないよね。

って突っ込みどころ満載だったりする。




今回無料レポートで目にした

ブックオフからブックオフに売る手法も、

出来ないことはないけれども、お前やっていないよね…

といいたい。


だって、売るときにはブックオフの袋はやめましょう…

って書いてるってことは、

値札だって剥がしてるってことだよな?

より高く売りたいわけだし。


セール時にワンデイクーポンと組み合わせて7割で購入したとして¥70。

都心の直営店で売って、高く売れたとして¥100くらいじゃないかな?

で、¥30の利。


100冊売ってぜんぶ¥100で売れたとしても¥3000の利益。

値札はがした手間と合うのか?



それよりは、私の以前やったことのある、

ブックオフオンラインなどからの

まとめ買いしたものをブックオフに売る手法の方が、

はるかに楽だ。

何故なら、値札を剥がす手間が無いのだから。

横流しである。

ただ、これも利は薄い。

何度かやったが、全部プラスにはなっている。

理屈では、毎日大量に仕入れ大量に売れば儲けることが出来るが、

現実的には、無理でしょ。

だって、毎日大量に売りに来るってこと自体、

ブックオフの方で警戒するはずだから。


また、私の地域は「せどり行為」自体が禁止になってしまっている。

だからそんなに大量に買うことも、憚れるし

ましてや大量に売ることなんてそう何度もできることではない。


たまに、小遣い稼ぎ程度にやるならばわかるのだけれど

そういうことをやっていて、

月50万はいかない。

どーんと、家電でもやれよといいたい。




私も、実はやりたい。

金があるのなら私だってやりたい。


ある人はいう。


本当にやりたいのなら、儲けたいのなら

そのくらいの投資は、借金してでもやりなさいと。



(↓;д;↓)


関連記事
ジャンル : 就職・お仕事


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。