スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


Amafee を利用してアマゾン手数料を計算!もしくは20%

死後の世界せどり
死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」
―退行催眠による「生」と「生」の間に起こること、全記録

¥105→¥1466(送料込¥1716)

最安値が¥980くらいだったにもかかわらず、

さらには私よりも安い価格で出品している方も多い中、

この価格で買って頂けたのはラッキーでした。

考えられる理由は…

「あれ」しかありませんね。






今日久しぶりに仕入にいきました。

(夜中)

たぶん、せどりする人減ってますね。

少なくとも私の地域は。

この前、ブックオフにいった時にも、

せどらーをみかけませんでしたが、

せどり禁止になっているわけでもない、

他の系列店でさえも、そう感じるので

確実に減っていると思います。


そのおかげで、かなり効率のいい仕入ができました。

…というか、

調子よすぎて、逆に不安になるくらい。


私は店舗での検索には、

フリーアプリの「せどりスカウター」と

有料アプリの「せどりキング for Android」を

主に使っていますが、心配になって

アプリを変えて検索し直したくらいでしたからw




たまにアマゾンの仕様変更の影響で

正しい情報が表示されないこともありますからね。


今回は本とDVD、ゲームを仕入れ。

DVDはサッカー関連でいいのがいくつか。

ランキングもいいし、利益も稼げそうで何より。


冬季オリンピック関連で、相場が上がったものが

売られていないかと探したが、探せず。


ゲームは以前売ったことがあるものを仕入れ。


滞在時間が短かった割に、収穫の大きな仕入となり、


おかげで快眠できましたw






本と、その他のメディアのせどりは

考え方が違う…



という人や、いいや同じだ、という人

意見はいろいろですが、

みなさんはどうお考えですか?


私は基本的には、同じだと考えています。

ただ、仕入前のネットでのリサーチの重要度が

本よりも高まるのだと思います。


もちろん、本だってリサーチによる情報の蓄積は大切です。

ですが本の場合、商品数が圧倒的に多いこともあり、

実際に売られているものの中から、

仕入るものを探していくというほうが、

経験上仕入れやすいと感じています。


他のメディアの場合は、本に比べると

商品数自体が少ないですので、

リスト作成やリサーチによる情報の蓄積が

効率のいい仕入を行う上で、効果的です。


そういう意味では、本だけが少し特殊なのかもしれません。


ただ、最近は店舗での検索を

禁止していたりするところも増えてきていますので、

これからは本も他のメディア同様、リサーチの重要性が増すでしょうね。

book---library--school_19-126936.jpg


高額になっている商品や、高額で売れた商品が

何故この価格で売れているのかということを、

考え、調べてみることで、気づけることも多いはず。


また、関連する商品を調べることによって、

芋づる式に利益の出る商品が探せたりもします。


よく言われる方法ですが、

Amazon商品ページの「この商品を買った人はこんな商品も買っています

の部分は、非常に参考になります。


高額になった商品などに関連する商品も

連鎖して相場が高くなっていることもありますから

ぜひ調べてみてください。


自分のところから売れた商品を、分析することによって

新たに「気づき」を得ることも多いですから

売ったら売りっ放しというのはもったいないですよ。



利益の出る商品を探すことを、「水平展開」と考えるなら

関連商品を探すことは、「垂直展開」とも言えるでしょう。


このように展開してリサーチすることによって

情報の単なる蓄積にとどまらない、

情報の空間が生まれます。


足し算で増えていた情報が、

掛け算で増えるようになる…というイメージです。


ただし、利益が掛け算で増えるようになるわけではありませんがw

利益を掛け算で増やすためには、仕入も増やさなければなりません。






ところで、

ある人気「せどり」関連ブログで、

19800円→24950円で売れました…

というような売れ方を多く載せているところがありましたが、

どう考えても、薄利過ぎる…

いや、私も人のことを言えない薄利販売ではありますが、

19800円も仕入にかけて、

割に合わなすぎだと思うのですが…

利益計算しているのだろうか?

他にも、2500円→3580円とか、

こんなんばっかり。わからん。

small-calculator_318-11560.jpg


私は仕入にいって、利益計算が面倒な時は

予想販売価格-(予想販売価格×0.2+仕入額)

で計算しています。

アマゾンの手数料の15%とその他を5%と考えています。


ですから例えば先ほどの

19800円→24950円の商品だとすると

とりあえず計算が面倒くさいので

20000円→25000円と考えます。

25000-(25000×0.2+20000)

=25000-25000

=0

となり、利益がありませんので私は仕入れ対象としません。


が、もっと簡単なのは「Amafee」というツールサイトを利用することでしょう。

一発でわかりますからw

>>Amafee(アマゾン手数料計算)




関連記事
ジャンル : 就職・お仕事


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。