スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


利益率60%はそんなに難しくないよ。¥105仕入であれば…



\210→¥999(送料込¥1249)

この間も2冊売れた本だ。

今回も2冊売れた。

前回は、1冊高く売れたものが有ったので、

もう少し利益があったのだが。


1ヶ月くらい前まではアマゾンランキングが

100万位くらいで、推移していて

最安値も¥40台だったのだが、

1週間前くらいに一気に9冊売れ、

さらにその3日後くらいに7冊が一気に売れている。

現在は、中古出品者はいない。


この売れ方もすごいが、

何よりも私自身がこんなに仕入れていたのに驚いた^^


よくもまあ、

こんなランキングの低いものを、

相場だって低いものを何冊も仕入れていたものだ。


しかも平均ランキングが80万位を超えているにも関わらず、

常に出品者は10人以上。

あほだ。






この前売れた際に、まだ出品しているものがあることに

気がついていれば、少々出品価格をあげれたのだが、

見落として下限値に設定していた¥499と¥500のものが売れた。




なんでこんなにいきなり売れたのだろうと、

ネットで調べてみた。

キリスト教関連の本ではあるのだが、

キリスト教といっても、いろいろな組織があるから

なにかしらの話題があったのだろうと…


著者名で調べても、ほとんど出てこない。

ネット上で、説教の動画を見ることが出来たが、

特に気になる情報を探せなかった。


動画の中で聞けた

セブンスデー・アドベンチスト」というキーワードで検索。



(後で、その動画がおさめられているページのトップドメインに

いった方が早かったことに気がついたけど…)


ここ最近話題になったような情報は、探せなかったのだが、

セブンスデー・アドベンチスト教会関連の書き込みをしている

掲示板で、組織の内部分裂らしきことがあったような情報を見つけた。

(詳しくはわからなかったが。)


せどり副業ポイント 安く売らない


宗教関連に限らないが、

このような売れ方をするものは結構ある。


だから相場が安かったとしても、

「価値がある」と判断できる商品に関しては、

安く売らなくてもいい。

  • 「希少性」のある商品
  • 「特典・付録」の付属する商品
  • 「特異性」のある商品


…といったものは、長期戦を覚悟すれば、

どんな商品であってもそれなりの価格では売れる

運が良ければ、相場の高騰時に売れたりするから、

損はしない。


例えば、今回のように¥105仕入で¥500で売れたら



500 円 : 売値
-105 円 : 仕入れ値 (21%)
-135 円 : Amazon総手数料 (27%)
260 円 + 送料差額 : 利益 (52%)

--Amazon手数料内訳--
0 円 : 基本成約料( 大口出品 )
60 円 : カテゴリー成約料
75 円 : 販売手数料 15%


となり、送料差額分を入れると利益(60%)を超える。

私の仕入のほとんどが、単Cであるから

利益率は高くなるわけだ。

本の定価が¥1500だとすると、半額だと¥750だから、

¥105で仕入れたものがその価格帯で売れると、

利益率は60%を超えるということだ。

逆に、¥105仕入で利益率が60%を下回っている人は、

もう少し高く売った方がいい。



ただ本だけだと、利益率は高くても

利益額が少なかったりする。


小遣い稼ぎには十分だが、

それ以上に稼ぐということを考えた場合には、

他のメディアだったり、

利益率は低くなるが、高利益額を望める商品を

仕入れることが必要になってくる。


このあたりがわかれ道じゃないかな。

単Cだけでも、小遣い稼ぎ程度なら十分なのだ。


もっと大きく稼ぎたい場合は、

単価の高いものを狙っていくことになる。


せどり副業ポイント  単C仕入は簡単だ



単Cの損益分岐点は次のようになる。



--損益分岐点 (利益0) --
仕入105 円 → 売値194円
仕入365 円 ← 売値500円

だから、¥105で仕入れたものは¥200以上で売れば、

損はしない。(利益もないが)

ただし気を付けてほしいのは、

購入者には送料がかかるので、

¥450以上での購入となるということだ。

それ以上でも購入する人がいるのか、

一度本を取って、一瞬でいいから

考えてみるといい。


アマゾンランキングや

最安値とかそういうのはおいていおいて

まず、その商品の価値を自分で判断してみる。


これまで仕入を続けてきた人は、

すでに「目利き」もある程度備わっているはずだ。

「いやいや、自分なんて…」

などと言わずに、素直に商品をみるといい。


数字を見るのはそれからだ。

そうするだけで、仕入れの時間は圧倒的に短縮出来る。


アマゾンランキングや最安値の情報などは、

もちろん大切なのだけれど、全てをチェックするのは、

初心者のうちだけでいい



ある程度、相場観が掴めて来たら、

自分の勘≧データー

でがんがん仕入れても大丈夫。


超、簡単。

そこが、¥105仕入のいいところ。

仕入値が安いので、ある程度の相場勘が身についたら、

自分の勘頼りでがんがんに仕入れたって、問題ない。

長期戦になってもいいと覚悟を決めれば、

さらに簡単。

安売りしないのだから損はしない。


回転本などがあれば、当然仕入れるし、

相場の高騰した本なども仕入れる。

これで、さらに利益率はあがる。


安いから、ランキング等よりも、

自分の勘を頼りにした方が、効率が良い。


他のメディアなどは、リストせどりの方が効率がいいだろう。

リサーチ重視型だ。

特にDVDやゲーム、雑誌なんかは

リストせどりや電脳せどりに向いている。

利益率は低くなりがちだが、

利益額を狙える。





関連記事
ジャンル : 就職・お仕事


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。