スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


「まとめ買い」について誰かのメルマガに書いてあったことを、私への挑戦状と受け止めた。

風邪ひいてしまって死にそうです。
体の抵抗力が弱っているようで、近々死ぬんじゃないかな?
と、思っています。


¥105→¥1020(送料込¥1277)


運が良かったんですね。確か仕入れた次の日ぐらいに売れました。
私のが売れた後、いきなり¥5000近くまで最安値があがっています。
それを見て、出品者がいきなりふえたもんだから相場は下りましたけど、
まだ¥2,000台です。

運でしょうね。売れるかどうかは。

過去には、
この相場で売れたことはないですから、正直解りません。

ただ、アマゾンが扱わなくなったようですから、
チャンスはあると思います。



¥105→¥1256(送料込¥1513)

これも、さっきのやつも、ランキング40~50万位台で、新品取り扱いが無いという条件です。

ちょっと相場が安くなってしまいました。。。





この間、「まとめ買い」について書いたんですが、

「大口」出品者だとしても、月「¥4900」払うわけだが、
その点考慮していないから、儲からないんじゃないの?

ということを、書いている人がいました。
まあ、私の記事について書いたんじゃないとは思いますが、
「被害妄想」の激しい私としては、少しつけたし説明させていただきます。

まず、断っておかなければならないのは、この方法は「大きく儲ける」ことのできる方法ではないということです。
また、どのくらい「利益」がでるかは運によるところがある、ということです。
ただし、損をするものではないよ、という話です。


「まとめ買い」やってみた

これは以前、「まとめ買い」を検証してみた記事です。

「まとめ買い」した商品のさばき方

  • 高く売れそうなものは、アマゾンで販売する
  • ¥1本などは、ブックオフで売る
  • 売れなかったものを、アマゾンで格安販売する


ということです。
ブックオフで買い取ってもらう時は、買い取りキャンペーンなどをしている時期や、買い取り額アップクーポンなどを利用できるとなお、いいですね。

何も、本を仕入れたらアマゾンで販売しなくてはいけない決まりはありません。
例えば、知り合いに売って利益を得てもいいわけです。
そういうことに気がつくと、アイデアが沸いてくるかもしれません。
想像力が大切です。


また、その記事にある仕入額よりも安く手に入るところもありますから、
仕入をさらに抑えることが出来れば、なおいいわけですね。




それでは。
関連記事
ジャンル : 就職・お仕事


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。