スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


せどりリサーチ”売れた商品”が”売れる商品”を教えてくれます。


¥100→¥1,326(送料込)

商品代金
交流分析とエゴグラム (Transactional analysis series (3)) 数量: 1 ¥1,069

その他
配送料: ¥257
購入者支払い額 ¥1,326

Amazon手数料
カテゴリー成約料: -¥60
販売手数料: -¥160
残高へ反映される額 ¥1,106


仕入れてから1ヶ月半くらいでしょうか。

シリーズがまとめて売られていたので、
ラッキーでした。

このシリーズは、割と売れます。

交流分析」だとか「エゴグラム」というキーワードには
利益のでるものも多いですよね。






”ワールドカップサッカー”関連商品が売れまくっているようですが、

売れてますか?

私は、蚊帳の外です  (^^ゞ


売れたものから始めるリサーチ



ある程度の価格で売れた商品は、
売れた後にリサーチ入れたりします。

”売れた商品”は”売れる商品”や
”売れるキーワード”などを教えてくれるからです。

rapture_20140616235222.jpg

おなじみの≪この商品を買った人は…≫と表示されている部分。

ここはとりあえず必ず見るようにしています。

特に高額で売れた商品などは、この部分でものすごい発見をすることもあります。


この商品を購入した人は”他にどんな商品を購入したのか”がわかるだけでなく、

どのような”キーワード”に需要があるのかということの”ヒント”が隠されていますから、

ぜひチェックしたい部分です。



「なんで売れるのか理由がわからないけど、相場が高いので購入した」

…なんていう書籍があったとしても、

この部分や”レビュー”を確認することで、
なるほど~と思わず唸ってしまうようなことに気がついたりすることがあるんですよね。


雑誌なんかだと、特にそうですよね。
芸能人のほんの数ページの特集記事が高額取引の理由であることも少なくありません

ファンからしたら喉から出るほど欲しいものなんだけれども、
そうでない私からすると、

表紙をパッと見ただけでは、何が”キーワード”なのか
「さっぱり」わからないなんてこともあるんですが、

”この商品をご購入のお客様は…”と”レビュー”の部分を確認することで
「はは~ん」てなことも多いんですよ。


≪この商品をご購入の…≫の部分に、
商品と一見関連の無さそうな商品が並んだ場合は、
その”ヒント”を探し出してみてください。

表紙の画像がヒントになることもあれば、
キラー”キーワード”を見つけることができたりします。


例えば…

≪この商品をご購入の…≫部分に
”嵐”の関連商品ばかりが並んでいれば、
売れた商品に”嵐”に関連する特集があったり、付録がついていたりするはずです。

レビュー欄に、ヒントとなるような
キーワードが記されていないかチェックして見てください。

また、付録つきのものや雑誌などは
商品の説明”の部分にヒントが隠されていることも多いものです。




例えば、よく見ることの多いと思う”わかさ”という雑誌。

定価は¥562ですが、
新品在庫はなくて、中古の最安値が現在¥605。

これに送料が加わりますから¥862なわけです。

中古で安くで売っていそうな雑誌に、定価以上の価格がついている…

何故?
実際に売れているの?
キーワードは?


…など、そのあたりのことをリサーチしてみたいと思います。

ま、この商品はそこまで利益が出るわけではないですけど、
とりあえずリサーチ例として見てみます。

rapture_20140617010936.jpg


雑誌の場合、

139位 ─ 本 > 雑誌 > 健康・生活情報 > 健康・ダイエット情報
311位 ─ 本 > 雑誌 > 料理・グルメ

このように細かなジャンルごとのランキングしか出てきませんので、
ランキングでの判断がなかなか難しいというところがあります。

よく販売しているジャンルのランキングは、
なんとなく感覚がつかめたりするんですけどね。

”おすすめ度”の部分は、結構参考になります。

”キーワード”を探す際のヒントや取っ掛かりとなりますし、
なによりも、購入者からしてもいいレビューがあると、購入しやすいでしょうしね。

だから基本的にはレビュー数が多いほどいいし、評価が高いほどいいと言えます。

(なんでもない雑誌が高額になっており、評価数が多い場合には
レビュー部分を確認することで、高確率で”何故?”の答えを見つけることが出来ます。)



まずは、アマゾンでの相場を見てみます。

amashowに”わかさ”と入力して検索します。

(今回はamashowで調べますが、プレミア価格のついた高額な商品の場合は、
オークファンで調べるほうが実際に売れている相場がつかめるのでいいと思います。)


ここで何故この雑誌のASINなどを入力しないかというと、

この”わかさ”という雑誌全体の相場が見たかったからです。

特に、その情報がいらない場合は、

雑誌のタイトルである”わかさ 2013年 12月号”であったり、
この雑誌のJANコードやASINで検索してください。


rapture_20140617014017.jpg

…すると”わかさ”という雑誌ののある程度の相場が見えてくると思います。

≪キーワードによっては、高く売れそうなものもあるぞ≫
と私は感じました。

で、ここで見つけた高い価格のついたものについて、
もう少し深くリサーチしていくわけなんですが、

今回はとりあえず先ほどの雑誌について調べていきます。

amashowに”わかさ 2013年 12月号”と入力し、調べます。

rapture_20140617015559.jpg


新品在庫がある時には、¥200台くらいの最安値になったりしていますね。

(まあ送料を考えると、その程度の価格でなければ
”新品”を購入するはずですから、そのあたりが妥当なんでしょう。)

ただし、新品在庫が切れている場合には¥1000以上でも売れていますし、
¥1,600台でも売れているような感じです。
(上の表には映っていませんが…)

ですから、現在の最安値の価格であれば
十分売れそうですから安く手に入るのであれば、仕入れてもよさそうです。


さて、じゃあ何故この号はこの価格でも売れるのだろうか?
ということについてリサーチしていきます。



rapture_20140617020432.jpg


レビューを見ると、

脊柱管狭窄症』と
トリガポイント注射』という”キーワード”が気になりました。

レビューしている方も、実際にアマゾンで購入した人ですから信頼感もあります。

※”トリガーポイント”はかなり狙えるキーワードです!



rapture_20140617020733.jpg

≪この商品を買った人はこんな商品も買っています≫の欄でもやはり、

脊柱管狭窄症』がキーワードであることがはっきりと出ています。

ただ、ひとつだけ異色の”DIME (ダイム) 2013年 12月号”があったので、

気になって調べてみました。

まー、DIME (ダイム) が高額になることはまずないんですけど、
”キーワード”探しってことで。

雑誌などの目次などが商品ページに乗っていない時などには、
アマゾンを飛び出して、ネットで検索しても案外雑誌の中身が探せたりします。

例えば、http://www.zassi.net/

このサイトでは
雑誌の目次、中吊りなどを見ることが出来ます。

今回の”DIME (ダイム) 2013年 12月号”の場合、

『脊柱管狭窄症』に関連しそうな内容の特集はなかったのですが、

「車が好きな、腰痛持ちの男性」
ということが購入者像が浮かびます。


ちなみにDIME (ダイム)の
読者傾向(2013年時点)は

読者平均年齢 : 33才
男性が80%以上
学生読者があまりおらず、ビジネスマンの購読が大半

…だそうです。

ま、今回のリサーチにはあまり関係ありませんが、
リサーチの例だとして聞いておいてください。



≪この商品を見た後に買っているのは?≫の部分を見ると…

rapture_20140617020708.jpg

ここでもやはり『脊柱管狭窄症』がキーワードです。
痛みナビ体操』という新たなキーワードも見つかりました。


『脊柱管狭窄症』とアマゾンで入力して検索してみます。

すると→脊柱管狭窄症

と、検索結果から『脊柱管狭窄症』が
利益のとれる”キーワード”であることがわかります。


…というようなことを、繰り返して
”売れる””利益のとれる”キーワードをどんどん集めていくわけです。



で、もう一つ大切なのが、”中古出品者”のコンディション説明欄です。
ここで、”プレミア”化している商品の
プレミア理由を知ることが出来る場合もありますし、
”付属するもの”に気がつく場合もあります。

また、値付けをする場合にも参考になります。




ちなみに途中で見かけた『痛みナビ体操』というキーワードについて気になったので、
アマゾンで『痛みナビ体操』を検索しました。



しかし一つしかヒットしませんでしたので、
こういう場合はグーグル先生で検索します。


「御茶の水整形外科」のホームページにヒットしました。
そこで”痛みナビ体操”は考案され、指導しているようです。

アマゾンの商品画像は拡大してみることが出来ますので
確認してみます。

rapture_20140617025622.jpg

「御茶の水整形外科」と書かれていますので、
間違いがなさそうです。

このように、ホームページがあったり
実際に病院で指導・使用されているものには、
需要があると考えていいと思います。

経験上、ランキングが悪い商品でも、
突然売れたりします。

(もちろん、在庫がまだ少ない場合は回転を重視すべきですが)


関連記事
ジャンル : 就職・お仕事


スポンサードリンク


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

秘密

トラックバック

【せどり】検索フォーム
プロフィール

yama

Author:yama
アラフォー。
妻一人。子一人。

現在は
副業的にちょこっと
”せどり”に取り組んでいます。

せどりおすすめツール
面倒くさい作業は
ツールに任せませんか? せどりお勧めツールせどりキング4 価格改定機能をはじめ、
さまざまな作業の効率化が計れます
全記事表示リンク
PR
PR
FC2
FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。